美容師の求人は動画の時代、求人用の動画の作り方

美容室・美容師の求人を動画で掲載できるサイト美容師役立ち情報
美容師・美容室の求人動画

美容求人動画サイト『tocoroni』 の 営業担当です。
tocoroni(トコロニ)では、動画を使って今まで求人サイトでは伝えきれなかった事を『動画』で伝えています。

美容室の求人で動画?と思われるオーナーもいらっしゃるかもしれませんが、ここ数年、動画の需要は大幅に増加しています。

You Tubeなどのコンテンツや、インスタリールなど、大手も参入している動画市場。
そこにはニーズが必ずあり、文章や活字のみより、写真より、圧倒的に伝えられる情報量が多いんです。

大手サロンや、技術講師の方々もいち早く取り入れていて、美容業界でもすでに一つのビジネスのカタチとして成立していて、今後の需要は更に増していくでしょう。

オーナー世代よりも確実に動画に慣れ親しんでいるスタイリスト・アシスタント世代に求人をかけていくのであれば、間違いなくあった方がいいコンテンツになります。

そこで、tocoroniで掲載中のサロン様が、どんな動画を掲載しているかをまとめてみました。
今後動画を取り入れるサロンも、現在動画をすでに取り入れているサロンも、参考にしていただければと思います。

サロンワークの様子

・普段の美容室の様子

普段のサロンワークの様子が、一番お店の雰囲気を伝えることができます。

お客様の許可が必要になりますが、顔が映らないようにうまく撮っている動画が多いです。
無許可でお客様の顔が動画に写ってしまうとクレームになってしまうかもしれませんのでご注意ください。

・練習の様子、勉強会の様子

営業時間後の練習風景の動画も比較的多いです。
マンツーマンで指導している様子、オーナーの勉強会の様子など、練習は美容師にとって、普段の生活の一部です。

特にアシスタントの方は美容室選びの際に重要な検討要素にする部分です。
どんな先輩がいて、どんな練習をしているのかが先にわかっていれば少し安心できますよね。
お客様が映る心配がないので、撮影もしやすくオススメです♪

 

・スタッフの様子

人間関係が一番気になるという求職者は少なくありません。
現在どんなスタッフが働いているのか?
技術を教えてくれる先輩はどんな人なのか?
など、事前に知りたいことも多いです。
実際に働いているスタッフの様子を映像で見ることができれば、とても参考になります!

サロンで過ごしている普段の様子でもOKです。
美容師だけでなく、フロントの受付担当の方も紹介している動画も人気です。

動画の効果を一番感じられる項目です。
画像だけでは伝わりきらない雰囲気や声も伝えてみてください。

 

外部での活動

・モデル撮影会の様子

・社内コンテストの様子

・外部講師を招いた講習会の様子

こういったサロンワーク以外の活動は求職者からも人気があります。
クリエイティブな部分に惹かれて美容師を目指している方も少なくありません。

スキルアップに向けて社内で行っていることの具体的な紹介にもなります。

積極的にスキルアップに取り組む方が欲しい美容室さんにはオススメです!

音声は入れなくても、いつものサロンワークとは異なる雰囲気の中、スキルアップを楽しんでいるスタッフの様子も見せることができます。

 

スタッフから


・スタッフからのメッセージ

そのサロンに入社した理由や、サロンの特徴、雰囲気、働きやすいと感じているポイントなどをスタッフが話す形式の動画もあります。

文字で見るだけのメッセージよりも動画にすることによって、伝わりやすくなります。
オーナーさんや店長さんだけでなく、どんなスタッフがいるか分かるように他の美容師さんも話している方が良いでしょう。

また、求人で使う動画ですので、募集する職種や欲しい人の特徴に合わせた内容にしていることもポイントです。

例えば、パート募集の場合は、パート勤務している美容師さんがどんな働き方をしているかを話す、アシスタント募集にはアシスタントさんが話す、など工夫してみてください。

求職者にとって、自分と同じ立場のスタッフのことを知ることが、そのサロンで働くイメージを一番しやすいです。

スタッフが緊張している動画もあったりしますが、それも引っかかりのきっかけになるかもしれません。
You Tubeなどの動画も、何がバズるかわかりませんよね?

何が求職者に響くかわからないのも面白さとして捉えましょう!

サロンの雰囲気

・内装、外装

オープニングでスタッフがまだいない場合でもこの方法で動画を作れます。

人が1人も写っていないと寂しいですが、サロン内だけの映像でも写真だけではわかりづらい奥行きや広さも伝えることができます。

内装にこだわりがある、スタッフが動きやすい配置にしている、など、伝えたいポイントがある美容室さんにもオススメです♪
この先長い時間を過ごすことになるサロン、先に雰囲気を知っておきたいですよね。写真などの画像より、動画の方がギャップが少ないと言われています。

 

サロン外でのイベントの様子

・BBQ、食事会など

普段のサロンワークの様子だけでなく、スタッフの様子、仲の良さも伝えられます。

サロン外での内容だけだと求職者が知りたい内容を満たせないので、直接美容室やサロンワークの様子を伝えている映像と組み合わせて動画を作ることをお勧めします。

ただし、イベントのみの動画はあまりオススメしません。
動画を見た方が、イベントが多くて大変そうなイメージや、お店になじめるか不安を抱えてしまうかもしれませんので、動画の中の一部として活用した方が効果的です。

 

ぜひ動画撮影を楽しんでください♪

恥ずかしい方もいるかと思いますが、サロンの雰囲気をしっかり伝えるためスタッフの方に動画に出演して頂ければと思います。

働く美容室探しの際、目を引くのは’’です。「どんな人と一緒に働くのか?」が美容室にとっても求職者にとっても一番大切なことです。

美容師生活を楽しんでいる様子をぜひ伝えてください♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日頃から、何かのイベントや練習中などに、カメラを向けたり、動画撮影しておくと、次第に撮られていてもリラックスした普段の様子を伝えることができます。

tocoroniに掲載できる動画は基本的には1本60秒です。
その中で、是非知って欲しい内容を複数組み合わせて1つの動画にしていることも多いです。

短ずぎても伝わらないですし、長すぎても見る側が飽きてしまう。

それぞれのサロンの個性を生かして動画撮影してみてください!

CM&JOB』 では、わからないことを気軽に質問して頂けるようLINEの公式アカウントをご用意しています♪
なんでもお気軽にお問い合わせください!

タイトルとURLをコピーしました